苦手な人と距離を縮める方法

あなたの周りにも苦手な人、ちょっと付き合いづらい人が1人くらいはいるのではないでしょうか?もし、プライベートや習い事などならば、あえて気にする必要はありません。会わないようにすればいいだけです。

ですが、職場やサークルなどの場合、何度も会うことになります。その場合、やはり付き合いづらい人ともうまくやっていく必要があります。ではどのようにすればいいのでしょうか?

苦手な人と距離を縮める方法は、少しずつ距離を縮めていくという方法です。鏡の法則と呼ばれる法則があります。この鏡の法則では自分が苦手と思っている人は相手も苦手と思っているということです。自分が相手のことに興味を持てば、相手の人も少しずつあなたに興味をもってくれるかもしれません。

では具体的にどのようにすればいいのでしょうか?いきなり話しづらい人、苦手な人とプライベートな話をすると相手もびっくりしてしまいます。

当たり障りのない会話からはじめます。天気の話やニュース、相手の髪型が変わったりいつもと違う服装やお洒落をしていたらそのことについてでもよいかもしれません。

たとえば、髪型が変わったとすれば、
「髪の毛切りましたね。」
「はぁ」

「すごく似合っているよ」
「ありがとうございます・・・」

「どこの美容院行ったんですか?」
「いや、まぁ家の近くですよ・・・」

「私も○○さんのようにお洒落になりたいので、どこかよい美容院を探して見ます。」

と軽い世間話をします。このとき、1度にたくさん話すのではなく、短くていいのであったときは短い世間話をします。そして少しずつ相手との距離を縮めてきます。だんだんと、距離が縮まってきたら相手の人も自分のことについて話をしてくれるかもしれません。そしたら少し大げさに反応して相手の話を聞きます。

ここまでくれば、お互いに相手に対して苦手意識はなくなっているはずです。

まずは相手に対して苦手意識を持たないよう、興味をもって話しかけます。無理に長い時間話しかける必要はありません。少しずつお互いの距離を縮めていくイメージです。

この努力を続ければ、きっと苦手意識のある人とも距離を縮めることができます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ