感謝の言葉ねぎらいの言葉が言える人になろう

仲の良い友だちだと、つい関係がいいかげんになり感謝の言葉やねぎらいの言葉を忘れてしまいます。それは付き合いの長いカップルや夫婦にも言えることかもしれません。

人に好かれるためだけでなく、人と人がうまくコミュニケーションをとるために必要なのが相手への感謝と相手へのねぎらいの言葉です。たとえば、仕事で急きょ会議を開かないといけなくなったとします。本来なら勤務時間は終了し、仕事を終わることができる時間に突然、会議をしなければいけなくなりました。自分自身、早く帰りたい!なんでこんなときに!友だちとの約束があるのに!といろいろ不満があるかもしれません。ですが、それはほかの人も同じです。そんなときに
「突然、緊急会議を開くことになり申し訳ありません。みなさん、お集まりいただきありがとうございます」
と集まってくれた人たちに感謝の言葉を言えるかどうか、そして会議が終わったときに
「今日は遅い時間に集まっていただきありがとうございました。みなさん金曜日なので予定がおありだったと思います。大切な予定をキャンセルし会議に参加していただいたこと深く感謝します。みなさん、来週は仕事もそこそこにプライベートの時間も大切にしていただければと思います」
なんて、ねぎらいの言葉でもかけてもらえたら嬉しいです。

飲み会の席でも
「今日は楽しかったありがとう!」
「ついつい楽しくて遅くまで話していたけど明日の仕事は大丈夫?」
「楽しい時間をありがとう!遅い時間になったけど、しんどくない?」
みたいなねぎらいや感謝の言葉があると嬉しいですよね。

ねぎらいの言葉や感謝の言葉を自然と言える人は人から好かれます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ