愛されキャラを目指そう

その人がいるだけで場の空気が明るくなる、そんな愛されキャラは人生で生きていく中で得です。困ったときはすぐに助けてもらえたり、みんなが優しく接してくれます。

どうせ生きるなら自分も愛されキャラになりたいものです。愛されキャラは、明るくて外交的な人に多いです。
「私は内向的であまり明るくもないんですが・・・」
という人も大丈夫です。

性格は遺伝的な部分もありますが、環境やその人の努力で変えることができる部分もあります。運動神経がよくなくて、何をしてもダメという子どもがいます。そんな子どもでもスイミングスクールに2年間通ったとすれば、運動神経の良いスイミングスクールに通っていない人よりも上手に泳ぐことができます。

つまり、努力しない天才よりも努力する凡才の方が上手になることができるということです。コミュニケーションについても同じです。もともとコミュニケーションが苦手な人でも、努力をすれば普通の人よりもコミュニケーション上手になることができます。そして性格も努力で変えることができます。そして努力で性格を変えると環境が変わり、自然と自分の理想とする性格に変わっていきます。

努力で愛されキャラになれるようがんばってみましょう。そのためには、悪意のない冗談に笑顔で反応することです。ついついコミュニケーションが下手な人はちょっとした冗談にも敏感に反応して嫌な顔で対応します。これでは、愛されキャラになることはできません。

愛されキャラは自分に対する悪意のない冗談に冗談で怒ってみたり、冗談で返したり、とにかく場が明るくなるように振舞います。

そんなプライドの欠片もない生き方は嫌だ!
そうおっしゃるかもしれません。しかし、相手の悪意のない冗談に対して笑っている人は何もプライドのない人間ではありません。相手の冗談に笑えるぐらいの懐の深い人間なのです。小さなことに反応して、不機嫌になる人間は、実はその小さなことに人が思っているよりも大きなコンプレックスを抱えているといえます。そのコンプレックスと見つめあい、受け止め、懐の深い人間を目指してください。

あと、愛されキャラに共通する点として、自分の失敗談を楽しく話すことができるというのがあります。自分の失敗を話す人に、人間は親近感を持ってしまいます。自分が何か失敗したときは、この失敗をどうやったら面白おかしくみんなに話すことができるだろう、それぐらい心に余裕がある人は魅力的な人だと思います。

冗談をいわれたら、不機嫌になるのではなくその人に感謝しよう!悪意のない冗談をあなたに行ってくれるその人は、あなたのことを信頼しているからこそ、冗談を言ってくるのです。そして自分の失敗談について面白おかしく話せるようになってください。そんなあなたは、いつの間にか気づかないうちにみんなから愛されるキャラクターになっているはずです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ